マムシ流 つれづれ草 第4回日の出医療福祉グループ

【コロナにまけるな!

  ジジイババア諸君。二十四節気では立春。暦の上では春だぞ。
 でも、先週は雪も降ったし、まだまだ一気に春とはいかないよな。
 立春と言えば、前日の節分には、毎年、豆まきに馳せ参じていたんだが、
 ここ数年はコロナのせいでそれもおじゃんだよ。
 写真のとおり、浅草観光連盟さんからはお豆が届いたんだけど、
 毎年、恒例で、昔からの懐かしい顔にも会えるのが楽しみだからな。
 まぁ、仕方ないやな。

 その代わりと言っちゃなんだが、本日16日は、江東区文化センターで開催された『これからシルバー応援フェスタ』というイベントに出てしゃべってきたぞ。(主催:公益財団法人 東京しごと財団/共催:東京都 公益財団法人 江東区シルバー人材センター)
 シルバー人材センターと言えば、高齢者が、元気で安心して働けるような機会を作ったり、さまざまなアシストをするという大切な仕事を担っているんだよ。
 オレは付き合いが長くて、何度も各地でイベントには呼ばれているだけどね。
 今は、こんなコロナ禍の状況で、いろいろたいへんだと思うけど、
 年寄りには元気でいて欲しいし、シルバー人材センターにもがんばって欲しいよ。

 いつも言うんだけど、年寄りというのは、有用感が必要なんだ。自分が世のため人のために仕事をしたり、何かしら役に立つというのが、生きていくための原動力になる。
 もちろん、歳をとっても、生活のために働かなきゃならないという人もいるよ。
 でもね、元気で、額に汗して、体を動かせるというのは素敵なことだし、尊いことだぞ。
 オレはそんな人たちを応援したいんだ。

 今日のイベントは、相変わらずだ。ジジイババアをいじって、大爆笑だよ、ハハハ。
 まぁ、こんな時期だから、ジジイババアを佃煮のようには集められないけどな。
 席を空けて、ソーシャルディスタンスだし、皆、マスク姿だ。
 でもね、オレの江東区にまつわる思い出や、オヤジとおふくろのこと、仲代達矢さんや 田原総一朗さんなど、オレより先輩で元気な人たちの話・・・、いろいろ話したぞ。

 コロナ禍は、まだまだ続いているけど、明けない夜はない!
 だからさ、生きてることを楽しもうぜ。
 もうすぐ本格的な春だしな。
 ♪梅ぇ〜は、咲い〜たかぁ、桜ぁ〜はまだかいな♫ 、ハハハ。

(構成・伊波達也)

〜一覧へ戻る〜